仕事が遅い人の尻拭いはするべき?時間がかかる理由と対処法

仕事が遅い人の尻拭いはするべき?イライラせずに対処する方法は?仕事

どの会社にも仕事が早い人がいれば、仕事が遅い人もいます。

そして、そんな仕事が遅い人の尻拭いをした経験がある人も多いのではないでしょうか。


今回は、そんな仕事が遅い人の尻拭いをしているあなたに向けた記事になります。



かくいう私も勤める会社では尻拭い要員。こんにちは、ドブのごみ子です。


会社ではにこやかに人の尻拭いをしている私ですが、仕事が遅い人に対しては

一体何にそんな時間かかるんだよ

毎回のように尻拭いさせられて嫌なんだけど

ばーーーーか!!!


と思っており、正直いい感情なんて少しも持っていません。


しかし仕事ですから、必要とあらば一生懸命尻拭いすべきだと考えています。そりゃもうゴッシゴシ拭います。



ということで今回は「仕事が遅い人の尻拭いなんてしたくないけどするよ!」がテーマです。

スポンサーリンク

仕事が遅い人は何に時間をかけているのか

仕事が遅い人の特徴

まずは簡単に「仕事が遅い人はなぜ遅いのか」という理由ついて考えたいと思います。


仕事が遅い人たちが作業に時間をかける理由は

  • 完璧主義
  • こだわりが強すぎる
  • 仕事の全体像を想像できない
  • 変なミスが多い
  • 自分に甘い
  • わからないことを質問しない
  • 嫌な仕事を後回しにする癖がある
  • ムダな動きが多い

こんな感じで働いているから。

項目が多いのでそれぞれサクッと補足します。

完璧主義

仕事が遅い人はムダに完璧主義です。


必要のない部分まで完璧に仕上げようとすることも多く、結果その時間が積み重なってロスタイムとなります。

こだわりが強すぎる

変なマイルールや謎のこだわりを持つのも、仕事が遅い人の特徴です。


人からアドバイスされても聞き入れず、ひたすら自分独自の方法にこだわります。

仕事の全体像を想像できない

仕事が遅い人は【自分が今やっている作業】しか見ていないことも多いです。


自分がやっている仕事の全体像を把握できていないので、「ここに時間をかけすぎるとまずい」とかも考えません。結果全ての予定が後ろ倒しになります。

変なミスが多い

完璧主義だったりこだわりがあっても、それは仕事が遅い人独自の完璧やこだわりに過ぎず、丁寧さと仕事の出来は直結しないようです。


もちろんミスには修正が入るので、修正作業をする時間がかかります。

自分に甘い

「これはここが難しかったから仕方ない」
「この時はバタバタしてたからどうしようもなかった」

こんな調子で仕事が遅い自分を、自分で許して甘やかしてしまう人が多いです。


この特徴を持つ人は「自分は仕事が遅い」と自覚していない場合もあります。

わからないことを質問しない

仕事が遅い人は、わからないことを人に質問しない人が多いです。


自分の力だけで仕事をやり遂げることは悪いことではありませんが、誰かに聞くだけですぐに解決することなら聞いた方が効率的です。

嫌な仕事を後回しにする癖がある

自分の感情で仕事の優先順位を決める人は、総じて仕事が遅いです。


そういう人はやりたくない仕事を極力後回しにする癖があるので、なかなか仕事に取り組もうとしないからです。

ムダな動きが多い

一度で済むことを何回かに分けたり、しなくていい工程を挟んだり、仕事が遅い人はとにかくムダな動きをしまくる傾向にあります。


しかし、それこそが本人的にはこだわりだったりするので、言っても改善してもらえないことも多いです。

中にはただ仕事を舐めてるだけの人もいる

上記で上げたのはいわば「残念ながら仕事が遅い人」の特徴です。

仕事の早さや出来はともかく、本人的には一応まじめに取り組んでいるからこそ残念。



しかし仕事が遅いと言われている人の中には「ただ仕事を舐めてるだけの人」も存在します。


他の人に迷惑が掛かるとかどうでもいい。

仕事覚える気なんてさらさらない。

だって会社なんて中々クビにならないし。

みたいな人。


他人様に迷惑をかけて何とも思わない人には、正直立てる手立てもつける薬もありません。


できるだけ一緒に仕事しないで済むように祈りながら、できるだけ距離を取りましょう。

スポンサーリンク

仕事が遅い人の尻拭いをするべきなのか

仕事が遅い人の尻拭いをするべきなのか

では仕事が早い人は、仕事が遅い人の尻拭いをするべきなのでしょうか?


正直なところ、明確な答えはなく【状況によってはするべき】としか言えません。


そしてこの状況とやらにも明確なルールはなく、いわば自分の基準です。


ちなみに私は、以下の4つの状況になったら、全力で仕事が遅い人の尻拭いをすると決めています。

  • 上司から尻拭いするよう指示があったとき
  • お客さんや取引先など、社外の人に迷惑がかかりそうなとき
  • 尻拭いさせられてる他の社員がかわいそうなとき
だって上司からの業務命令なら従うしかないし、社外の人に迷惑をかけた挙句「いや、こいつが仕事が遅いから…」とか説明するのもおかしな話だし、尻拭いさせられまくって疲弊している人が居たら何となくかわいそうなので。


自分の中で明確な基準を作ることで、尻拭いするときのイライラ感が軽減されます。

「基準に達したから尻拭いしなきゃ」と思えるのです。



ちなみに私は心が狭いので、仕事が遅い人がふにゃふにゃと「忙しい~!仕事おわらない~!」とか大きな声で独り言を言ってるうちは全然聞こえないふりします。

仕事が遅い人を尻拭いするときの対処法は?

仕事が遅い人を尻拭いするときの対処法は?

イライラしない・怒らない

最も重要で最も難関。

まず大前提として、仕事が遅い人の尻拭いをすることになった時、イライラをぶつけたり怒ったりするのはNGです。


その理由は、仕事が遅い人が委縮して更に仕事が遅くなるから。

あとまあ単純にイライラするとこっちも疲れます。


まあ、怒っても仕方ないです。
そもそも怒られて仕事が早くなる人なら、誰かに尻拭われるような事態に陥ってません。

誰かが尻拭いしていることを知ってもらう

怒らないことと甘やかすことは違います。

仕事が遅い人に、仕事が遅いこと・それにより人に迷惑をかけていることを伝えましょう。


仕事が遅い人の中には、案外自分の仕事が遅いことに気づいていない人もいるからです。

現実を受け止めショックを受けてくれる人なら、その後一生懸命スピードアップしようとしてくれるかもしれません。


このとき注意すべき点は、お説教ではないので、責めたり貶したりするのは厳禁。

私は、例え相手が先輩や上司でも伝えます。

一緒に優先順位を立てる

尻拭いで一緒に作業をすることになった場合は、作業に取り掛かる前のほんの数分間でいいので、一緒に作業計画を立てることをおすすめします。


仕事が遅い人は作業計画を立てずにいきなり作業に取り掛かろうとする人が多いです。


しかし計画を立てることは、作業のゴールを明確にしたり、失敗やリスクの可能性を理解したりすることに繋がり、結果仕事が早く終わります。

完了目標時間を伝える

「どれくらいかかりますか?」
「16時までには終わらせてほしいんですけど」

と、作業開始前に完了目標時間を決めておくのもおすすめです。


もしも何時に終わりますか?と質問して、とてつもなく早かったり、はたまた余分すぎるくらい遅めに見積もった完了予定を返答された場合はそれでは早すぎる/遅すぎると伝えて、妥当な時間をこちらで決めましょう。


そういう返事をする人はもれなく仕事内容をよく理解できていません。作業中も注意深く尻を拭ってあげてください。

こまめに進捗報告をしてもらう

仕事が遅い人には定期的に作業の進捗を報告してもらうようにしましょう。


また、その際

「困ったことはないですか?」
「時間通りに終わりそうですか?」

など、一言付け足して現状を確認するようにするとかなりリスクヘッジ効果があります。

自分のペースを崩しすぎない

尻拭いすると決めても、仕事が遅い人に過度に付き合う必要はありません。

例えば自分の仕事を全て後回しにしたり、付き合って残業したりなどですね。


なぜなら、仕事ができない人にペースを合わせすぎると、あなた自身の仕事効率やモチベーションまで落とすから。


「ここまで手伝います」
「定時までは付き合います」

と事前に言っておくのも効果的です。

仕事が遅い人の尻拭いばかりしているあなたへ

いや~~~~
ご苦労様です。

自分の仕事をこなした後に他人の尻拭いまでやって、さぞお疲れのことでしょう。



仕事が遅い人の尻拭いをして

「自分って人の役に立ててるなあ!」
「仕事が滞りなく進んでよかったなあ!」

なんて前向きになれなくても、それは当たり前だと思います。



しかしイライラしたり怒ったりするのも疲れるし、かといって「一切の尻拭いを拒否します!」なんて行動にもなかなか出られるものではありません。


状況を見つつ、ガチでヤバいときはサッサと尻拭いして問題を解決させるのが、結局一番平和だと、個人的には考えています。

しかし、尻拭いをすることであなたのペースが大幅に崩されることが続くなら、尻拭い要員の応援を要請するか、仕事が遅い人の担当業務を減らせないか上司に相談してみることをおすすめします。



あなたと負担が、せめてこれ以上増えないことを願っています。



んじゃまた。

【仕事が早い】会社はできる人ほど損をする【辞めるか、サボるか】
キツい仕事をこなせば高待遇が用意されているはず…そんなことを信じていた時期が私...