会社の飲み会は欠席していい。嫌味なんて気にするな。

会社の飲み会なんて行きたくない仕事

こんにちは。会社の飲み会は万年欠席、ドブのごみ子です。

突然ですが、あなたは会社の飲み会が好きですか?



私は大嫌いです。



もうあの悪ふざけみたいな、今夜は無礼講みたいな、とか言いつつ上司の機嫌を取らなきゃいけない感じとか、全部が嫌い。


とはいえ社会人なら誰しも一度は意識したことがあるはず、飲みニケーションというパワーワード。


業務時間外に開催される会社の飲み会は、会社では話せないあんなことやこんなことを話し、仲を深める目的があるそうですがその目的を全く達成できてない残念な飲み会が、この世にはごまんと存在します。


ということで今回は「会社の飲み会行きたくないよ!欠席してもいいの?」がテーマです。


まず最初に結論だけ伝えておきます。会社の飲み会なんて欠席でオールオッケー!!

スポンサーリンク

会社の飲み会を欠席しても問題ない理由

会社の飲み会を欠席しても問題ない理由

会社の飲み会を欠席してもいい理由は、

  • そもそも勤務時間外だから
  • 行きたくない人にとってメリットが少なすぎるから

です。

まず前提として会社の飲み会は勤務時間外に行われることがほとんどなので、出席/欠席は個人の自由です。


また、飲み会に行きたくない人がプライベートの時間を削って飲み会に参加したとしても、得るものはありません。



なぜなら会社の飲み会の主要コンテンツは悪ノリ・悪口・武勇伝だから。



それらを楽しめる人じゃないと、得るものはゼロなのに気力と体力は奪われるという、スーパーハードなイベントになります。

スポンサーリンク

行きたくない会社の飲み会を欠席する方法

会社の飲み会に行く必要はない

では会社の飲み会に行きたくない場合、どのように欠席すればいいのでしょうか?

ウソの欠席理由はやめたほうがいい

会社の飲み会を欠席する際の理由としてよく挙げられるのは体調不良・多忙・金欠などですが、そういう「現状」を理由にした嘘は繰り返し使えないためオススメしません。

取ってつけたような理由で毎回欠席し続ければ、「こいつはくだらない嘘を吐く奴なんだな」と認識されてしまう可能性もゼロではないためです。


今後もその会社で長く働くつもりなら、会社の飲み会を欠席する理由にその場しのぎの嘘はやめましょう。

欠席理由なんて言わなくていい

会社の飲み会を欠席する理由なんて「行きたくないから」なわけですが、さすがにそこまでハッキリ言うのも気が引けますし、一生懸命幹事をしてくれた人にも失礼です。


だからいっそ理由を言うのはやめましょう。


「すいません。今回の飲み会はお断りします。」で済ませればいいです。


相手が思慮深い人ならそれだけで大人しく引いてくれることもありますし、理由を求められるなら「大人数が苦手」とか「お酒の場が苦手」とか、繰り返しついても苦しくない嘘で誤魔化しましょう。

また、毎回そう言って断っていれば「会社の飲み会苦手キャラ」が定着し、欠席しやすくなります。

飲み会欠席の嫌味はフルシカトでOK

飲み会欠席で嫌味を言ってくる奴らなんて相手にするな

まず前提として、飲み会の主催者や毎回出席している人からすれば、飲み会を毎回欠席する人は「ノリが悪くやりづらい人」であることに間違いありません。


しかし、それが嫌味を言ってもいい理由にはならないため、もしも嫌味を言われたら関わるだけ時間がもったいないのでスルーしましょう。

会社の飲み会欠席に嫌味を言う人とは

心なし楽しそうに欠席理由を詮索してくる人や、ネチネチ嫌味を言ってくる人って、どんな会社にも必ず一定数いる気がします…が、


そんな奴らを真面目に相手する必要はないので、スルースキル鍛錬の場だと思って、ぼーっと聞き流しておきましょう。


何故なら飲み会を欠席する人に対して、嫌味を言う人は

  • 本当は自分も欠席したかったため羨ましいと思っている人
  • 他人の噂話をするのが大好きな人
  • 自分をヨイショしてくれる要員が一人減って残念な上司

くらいなもんだから。普通の人なら「欠席で残念。次は来てね~」で済むはずです。

飲み会欠席で嫌味を言われたときの対処法

もしも嫌味や文句を言われたらヘラヘラしながら「すいませ~ん」とでも言って、風のごとくマッハでその場から立ち去りましょう。



他人のプライベートに文句をつけるような奴と分かり合える日なんて、どうせ一生来ません。



不必要に関わるだけ、人生の無駄使いです。

会社の飲み会を欠席するなら普段の仕事に気を使え

普段の仕事・コミュニケーションには人一倍気を使え

会社の飲み会は欠席してもいいですが、社内で嫌われて孤立してはいけません。

プライベートの時間にムリヤリ協調性を出す必要はありませんが、勤務時間中は多少ムリをしてでも最低限の協調性を出す努力が必要です。


何故なら毎日顔を合わせて一緒に働く相手に嫌われることは、仕事の生産性を落とすからです。


そして、飲みにケーションを軽んじて会社の飲み会を欠席しまくっても、以下の3つにさえ気を配れば社内の人間関係を良好に保つことはできます。

  • 自分の仕事を一生懸命やる
  • たまに他の人の仕事も手伝って恩を売る
  • どんな時も明るくにこやかな対応を心がけるこれだけです。

これらのことは組織に属する上で当たり前の行動と言われるとその通りですが、自分の仕事で手一杯になるとつい忘れがちなことだったりもします。



会社の飲み会に欠席と言うことは、人柄などが考慮されることなく普段の仕事ぶりがそのまま自分の評価になるということです。真面目に働きましょう。(自戒)

会社の飲み会に「欠席する」と言う勇気が出ない人へ

メリットだってもある(かもしれない)会社の飲み会。

強制参加の空気が社内にビンビン漂っていたとしても、本来は出席も欠席も個人の自由です。


何度も言いますが、会社の飲み会なんて所詮社内の人間が集ってつまんない話をしながら飲食する場であることがほとんどです。

それが悪いことだとは思いませんが、それを楽しめないのなら無理して参加する必要はないのです。



だってその時間は給料発生しないんだもん。



他人が何と言おうと飲み会は無意味だと感じるならそれが真実です。意欲が湧かない場からイイモノを得ることなんてできません。


会社の飲み会を欠席したいなら勇気を出して「行かない」と言ってみましょう。

大丈夫、一回言ってしまえば、それ以降はわりと楽に言えるようになるもんです。



んじゃまた。

404 NOT FOUND | 好きに生きさせろドットコム